5月15日昼下がり、園庭につがいの小鳥がやってきました。

菜の花の種がお目当てだったようです。

おいしいですか?

 

3月29日日曜日の朝、季節外れの雪が降りました。

園庭にうっすらと積もって静かな日曜日の朝です。

 

3月18日、げんき保育園の桜開花宣言です。

お披露目がちょっと恥ずかしそうです。

 

 

10月収穫の秋を迎えました。

園庭の端っこに植えたぶどう。

 

袋に包んで大切にして育てたこの日、待ちに待った収穫を迎えました。

子ども達が見つめる中、園長が袋を外すと可愛い小ぶりのブドウが窮屈そうにぶら下がっていました。

んなの歓声があがりました。

品種はシナノスマイルと巨峰。

狭い窮屈な場所にもめげず、夏の太陽をいっぱい浴びで枝もグングン伸ばし、葉も大きく広げました。

植物の生命力はすごい。

この日獲れたぶどうは9房、形も色合いも不揃いですがそれぞれ自己主張しています。

一人2房、給食のデザートに登場。こどもたちは大事そうにほおばりました。

味はどうだったでしょう?

来年は乳児クラスの皆さんも味わえるように根っこにお礼肥えを上げました。

 

砂場に丸太の棚が完成しました。

長さ6.5,横3.3高さ2.0mのビッグサイズです。

柱は直径10僉⊃┐襪肇張襯張襪靴討い泙后L敕个蠅盻侏茲泙后

葦簀を載せた砂場は、木漏れ日がとなり子ども達はその下で思い思いの遊びを楽しんでいます。

この棚、巨峰のぶどう棚も兼ねています。秋にみんなで採れたてのブドウを食べます。

 

ヒマワリもグングン伸びて、てっぺんには丸い黄色の花輪が日を追うごとに咲き出しています。

もうすぐ夏の太陽を浴びて36コの大輪が咲き揃います。

ヒマワリは真夏の元気印、子ども達と園庭にエネルギーを降り注ぎます。

ヒマワリは、げんき保育園のシンボルフラワーです。

8月に入りミツバチや蝶が次々にやって来ては蜜を吸います。

げんき保育園で育てたヒマワリの蜜、どんな味がするんでしょうか?

みんなでその様子を観察できます。

 

今年もミニ田んぼで稲がすくすく育っています。白い発泡スチロール製の移動式の田んぼです。

春先、幼児組が恐る恐る苗を植えました。

細くて頼りなかった苗は、今ではグンと土を掴み尖った葉っぱがつんと空に向かって伸びています。

トンボが羽を休めに来てくれたらうれしい瞬間。

案山子くんももうじき出番がやってきます。

みんなで手作りの案山子を作ります。

 

メダカが火鉢の中でスイスイ泳いでいます。

「めだかのがっこうは〜」とつい口ずさんでいます。

かつては日本の夏、田舎の小川や田んぼには沢山棲んでいました。

メダカは小さくて可愛く子ども達にも大人気。

泳ぐ姿をじっと見ているとホッとします。癒しの空間です。

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other