げんき保育園の桜の木は、黄色の葉を落としはじめ冬支度の姿になりました。

開園時に植えてから4年、引き締まった太い幹、空に向かって大きく広げた枝、しっかりと地面をつかんで盛り上がった根が見えています。気がつかないうちに桜もまた逞しく生長していました。

 

園庭は、外につながる大きな保育室です。

かけっこ、縄跳び、三輪車のり、砂遊びなど思いっきり体を動かせる空間です。

また、植物や昆虫などが身近に見れることで観察もできる自然体験の場でもあります。

菜の花、ヒマワリ、野菜、コスモスなど四季折々にみんなで育ててきました。

花が咲くと蝶やミツバチ、スズメも蜜を吸いにやってきます。

 都市の園庭でも出来るだけ自然を活かした環境づくりに創意工夫をしていきたいと思っています。

 

今年の園庭は、この秋一味雰囲気が変わりました。

入間市にある木材店さんから丸太を購入し、丸太のある園庭づくりをDIYしました。

12月4日(土)、保護者の方がスコップ、なた、のこぎり等を使って原木丸太を加工したり、一列にまっすぐ揃えて杭を打ったりと、園庭全体が木に囲まれ環境づくりに近づいてきました。

 

16mのロング丸太は、花壇に沿って並べました。

新しい土地を入れ、これから春に咲く草花の種や苗を植えていきます。

 

 

 

出来上がった直径40センチの丸太は、輪切りのまま置いてあります。

子ども達がその上をスキップしたり登ったり下りたりしています。

 

 

 

ベンチは、磨きをかけてつるつるに仕上げ4か所に置きました。

ちょっとひと休みしたり友だちとのおしゃべりにピッタリ。

 

 

 

保護者の皆さん お疲れ様でした。

 

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Selected Entry

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other